« 美並義人氏(財務省近畿財務局長)を新たに東京地検に刑事告発いたしました。 | トップページ | 1/26日緊急院内集会を盛り上げよう »

2017年12月 9日 (土)

「近畿財務局が事前に『故意』に価格交渉したことは充分、背任罪に当たる」

「近畿財務局が事前に『故意』に価格交渉したことは充分、背任罪に当たる」〜幕引きを許さない市民の会の醍醐聰・東大名誉教授が指摘!立憲民主党・森友・加計学園問題PT第8回会合で 2017.12.8
特集 極右学校法人の闇
 2017年12月8日(金)10時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、立憲民主党 森友・加計学園問題PT(第8回)が行われた。
    内容
    会計検査院報告の問題点・刑事告発、罷免署名など市民運動の現況について等
    登壇者 醍醐總氏(東京大学名誉教授、森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会共同代表)

    日時 2017年12月8日(金)10:00〜
    場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区)

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407122
https://www.youtube.com/watch?v=H3FTC8v2TLA



D1


« 美並義人氏(財務省近畿財務局長)を新たに東京地検に刑事告発いたしました。 | トップページ | 1/26日緊急院内集会を盛り上げよう »

コメント

【 産廃処理偽装問題 】森友学園と所沢市東部クリーンセンター

 森友学園の場合は、産廃処理費用分と称し国有地の価格を値引き。
 所沢市 東部クリーンセンター建設事業の場合は、産廃処理費の予算と実費の差額を業者に利益供与の疑い。
 産廃処理を口実として、懇意にしている団体や業者への億単位の利益供与という点で共通である。

産廃処理偽装問題、森友学園8億円、所沢市東部クリーンセンター9億3000万円。

所沢市東部クリーンセンター建設事業 産廃処理偽装問題。
割高の処理費用となる焼却灰混合土として予算計上し、普通の建設汚泥として処理の疑い。
契約で計上された予算と実費の差額は3億~5億円。 
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalvdoor/archives/7310411.html

東部クリーンセンター建設事業における産業廃棄物処理費についての契約は、平成13年3月議会で議決。
産廃処理総費用9億3000万円。
その後、当時の建設室参事が官製談合を告発。産廃処理費の予算と実費の差額は3億~5億円と市議が議会で質疑。
契約書の閲覧不可と助役が答弁。   
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalvdoor/archives/7310525.html


【 落札率103.7%?】 所沢市 東部クリーンセンター工場棟建築工事、官製談合で業者に利益供与の疑い
http://tokorozawablg.jugem.jp/

所沢市政の問題点
https://twitter.com/tweettokorozawa

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2406118/72414954

この記事へのトラックバック一覧です: 「近畿財務局が事前に『故意』に価格交渉したことは充分、背任罪に当たる」:

« 美並義人氏(財務省近畿財務局長)を新たに東京地検に刑事告発いたしました。 | トップページ | 1/26日緊急院内集会を盛り上げよう »

(第二次)佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動

加計問題関連文書の徹底調査と安倍晋三氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名

無料ブログはココログ