« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月22日 (金)

佐川長官罷免署名拡散用のチラシを作りましたので使ってください。

佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める第二次署名運動にご協力ください: http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-21e7-1.html

佐川長官罷免署名のチラシ作りました。

表 PDFダウンロードはこちら

Yoko
──────────────────────────────────────
裏 PDFダウンロードはこちら

Tate999
署名用紙 PDFダウンロードはこちら

◎チラシや署名用紙を送付希望の方は  moritomosimin@yahoo.co.jp までメールください。

2017年9月12日 (火)

佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める第二次署名運動にご協力ください

                               2017年9月13日
佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める第二次署名運動にご協力ください
                    森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会

多数の署名大変ありがとうございました。下記の第2次提出を持って終了とさせていただきます。10.24日 佐川国税庁長官の罷免を求める署名の第2次提出(レポート):
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/1024-2-f419-1.html

皆さま
私たち「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は8月1日から8月20日まで、標記のような署名運動(第一次)を行い、8月21日、10,706筆の署名簿を添えて麻生財務大臣宛てに佐川国税庁長官の罷免を求める申し入れ書を提出しました。

しかし、締め切り後も、「ニュースで知った」、「続けてほしい」という声がたくさん寄せられました。そこで、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」をスタートさせました。いっそう賛同の輪を広げて佐川長官の辞職を促す世論を強めたいと思います。お知り合いの方々への呼びかけにご協力をお願いします。

■署名運動のポイント■
国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に次のことを申し入れるというものです。

 日本国憲法第15条第2項が「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と定めた公務員の適格性を著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること

■なぜ佐川氏の罷免要求をするのか?■
  署名用紙に3つの理由を挙げていますので、ご覧ください。
■なぜ今、罷免要求なのか?■
*真相を隠したウソの国会答弁は許されない!
テレビ報道が伝えた音声データにより、佐川氏の国会答弁が虚偽(うそ)だったことが明らかになりました。
*佐川氏は「全体の奉仕者」という公務員の使命に背いた
国有財産を不当な格安で売却した近畿財務局の違法行為をかばい、そうした行為の証拠となる交渉記録を廃棄した行為を正当化した佐川氏を、国民の納税財産を預かる国税庁長官にとどめるのは許されません。
(注)第一次の申し入れ文書は→
 http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html#1jihon
(注)当会は8月21日、佐川氏に対し、辞任を求めると同時に、国会で真相を証言するよう求める申し入れもしました。申し入れ文書は次をご覧ください。
(国税庁長官佐川宣寿様国税庁長官の辞職と真実の証言を求める申し入れ)
http://kgcomshky.cocolog-nifty.com/0syoomei/sagawasannhe.pdf

■署名の集約日■ 10月12日(木)です。→10月22日(日)まで延長しました。
■署名の方法は?■
すでに署名を済ませた方は繰り返して署名はできません。お知り合いに呼びかけを広めて下さるよう、お願いします。
次のいずれかでお送りください。
  *用紙による署名 署名用紙はこちらです → http://bit.ly/2ub1F8W 
    郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力
  *ネット署名:入力フォームはこちらです → http://bit.ly/2uCtQkK
(投稿の仕方がわからない場合は、お名前、住所、メッセージを moritomosimin@yahoo.co.jp にメールしてくださればこちらで代理投稿いたします。)
   ネット署名に添えられたメッセージは http://bit.ly/2h5AR94で御覧いただけます。
*この署名に関するお問い合わせは次へお願いします。
    E・メール:moritomosimin@yahoo.co.jp 
お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へお願いします。

佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動は悪代官を追放し、主権者たる市民が公務員に対して、「全体の奉仕者」であれと厳命する「市民一揆」です!
──────────────────────────────────────
「異議あり! 佐川国税庁長官」 ホットラインにご意見、情報を!はこちら→
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-f986-2.html
Himensagailoveimgconverted
Yamesyomei
Himenno2

「異議あり! 佐川国税庁長官」 ホットラインにご意見、情報を!

                               2017年9月13日
 全国の税務職員の皆さま、公務員、税理士、事業者の皆さま

 「異議あり! 佐川国税庁長官」 ホットラインにご意見、情報を!
                     森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会
                   会のHP:http://sinkan.cocolog-nifty.com/

 私たち「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」はこの8月21日、10,706筆の賛同署名簿を添えて、
①麻生財務大臣宛てに佐川国税庁長官の罷免を求める申し入れ書を、
②佐川氏本人宛てに真相の証言と辞職を求める申し入れ書を、ぞれぞれ、提出しました。
佐川氏は理財局長という国の財産管理をする部署の長でありながら、不公正な財産の売却をし、そのことに対する国会での質問にも虚偽の答弁をし、さらには、国の財産の売買に至る過程についての記録を廃棄したと明言しています。佐川氏は責任を追及されてしかるべきであるにもかかわらず、国税庁長官に昇進したことに対して、多くの市民が怒りの声を上げたものです。

この署名には、多くの自営業者、事業者の方々に加え、現職の税務職員の方、財務省OBの方、税理士の方も賛同をいただきました。そのネット署名には、貴重なメッセージが添えられていました。‥‥例えば
 ● 「就職時には憲法・国公法遵守の宣誓をし、在職中も出来る限り公正な行政にすべく努力してきたつもりです。少なくとも知っていることを『知らない』とシラをきったり、『記憶にない』ととぼけたり、などと言うふざけた回答をしたことはありません。・・・・この際、こういう財務省の体質にメスを入れ、少しでも国民目線の役所に転換してほしいと切望します。」(8月11日、財務省OBの方)
 ● 「個人事業主です。個人事業主は領収書等7年間保管義務がありますね。それを国が破棄しているのに国民は守らなくてはならないのですか? 佐川さんが国税庁長官だなんて冗談じゃない。税金なんて払いたくないです。就任会見しなかったのは何故ですか?やましいからでしょう。子どもに見せられないような国会や人事はやめてください。」(8月17日、宮城県)
 ● 「税務職員として仕事がしにくいので、早く辞めてくださるようお願いします。」
 (8月17日、島根県)‥‥等々

 8月20日に署名を締め切った後も「続けてほしい」という声がたくさん寄せられたのを受けて、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」をスタートさせました。

 それと並行して、税務と関わりの深い全国の税務職員の皆さま、税理士・公務員の皆様、事業者の皆様からご意見、情報を受け付ける「ホットライン」を、以下のとおり、設けました。まとめて、財務省、国税庁に提出すると同時に、報道機関に公開するほか、ネット上で一般市民向けにも公開する予定です。
その際は個人情報はすべて完全非公開とします。

「異議あり! 佐川国税庁長官 ご意見受付ホットライン」
専用書き込み(フォーマット)サイトURL  http://bit.ly/2wEs1Dl 
ネット公開は  http://bit.ly/2x7Id2X で閲覧できます。
お手紙で:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力宛
(注1)
Eメールでの投稿又はお問い合わせは moritomosimin@yahoo.co.jp まで
電話でのお問い合わせは、070-4326-2199(10時~20時)
(注2)お手紙でお送りいただく場合の「ご意見・情報記入用紙」のダウンロードURLは:
http://bit.ly/2wGJevF

草の根の声、主権者の力で歪んだ政治、不公正な税務行政を変えましょう!
公務員は政権の奉仕者ではありません。国民全体の奉仕者です!


Hotgrp2
Morikakesim2po

2017年9月 9日 (土)

「この解散は『モリカケ隠し』解散だ」~森友・加計問題を総選挙の争点とすべく、市民団体が文科省に要望書を提出!

「この解散は『モリカケ隠し』解散だ」~森友・加計問題を総選挙の争点とすべく、市民団体が文科省に要望書を提出!――モリカケ共同追及プロジェクト・アピール街宣および共同記者会見 | IWJ Independent Web Journal <http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399697>

Dai2
Da7


「この解散は『モリカケ隠し』解散だ」~森友・加計問題を総選挙の争点とすべく、市民団体が文科省に要望書を提出!――モリカケ共同追及プロジェクト・アピール街宣および共同記者会見 17.10.3 - YouTube <https://www.youtube.com/watch?v=wowhKe03VKY&t=1s>
──────────────────────────────────────
フルバージョンはこちらです。
20171003 UPLAN【文科省前街宣・記者会見・申し入れ】森友疑惑と加計疑惑を追及する市民団体5者の共同記者会見 - YouTube <
https://www.youtube.com/watch?v=IgKE0aP8j2w>
三輪祐児
記者会見での醍醐さんのスピーチ      41:15~   
同 上 質問に答えた発言     59:23~;  1:23:00~
                  1:04:05~;  1:14:30~
要望書提出の時の文科省担当者とのやりとり
(軽いバトル)   木村さんのクレーム
          1:22:30~   
醍醐さんと文科省職員とのやりとり 1:23:00~
2017/10/03 に公開

Da23
※【資料集】
https://www.youtube.com/watch?v=yvDCE...

Dai9
【森友・加計告発プロジェクトからお知らせ】
この度の解散総選挙は『モリカケ隠し解散』ということを忘れていませんか?
忘れられないために明日正午から記者会見を開きます。

森友問題功労者・木村真氏、加計問題功労者・黒川敦彦氏、東京大学名誉教授・醍醐總氏、山梨学院大学教授・梓澤和幸氏、前日本医師会会長・原中勝征氏、関東学院大学名誉教授・足立昌勝氏、同志社大学教授・浅野健一氏、元和光大学教授・船橋邦子氏らと共に10月3日、文科省記者クラブにて共同記者会見を開きます。
そこでまた新たな風を巻き起こす!

20171003 UOLAN【資料集】森友疑惑と加計疑惑を追及する市民団体5者の共同記者会見 - YouTube <
https://www.youtube.com/watch?v=yvDCEzNN09M>
──────────────────────────────────────
5dantai
“モリカケ”置き去りに市民激怒 安倍首相&加計氏を告発へ/日刊ゲンダイDIGITAL <https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214838>    2017年10月4日

 衆院選公示が今月10日に迫る中、世間の関心は小池百合子都知事率いる「希望の党」と民進党の合流騒動一色だ。これに呵々大笑なのが安倍首相だろう。
 政党のゴタゴタの裏で、森友学園の国有地売却や加計学園の獣医学部新設問題の争点化が置き去りにされている。民進が分裂したことで、今年5月から40回以上にわたって加計問題を追及してきた「加計学園疑惑調査チーム」は事実上、雲散霧消してしまった。

 森友問題については、神戸学院大の上脇博之教授が2日、小学校の「設立趣意書」非開示決定の取り消し訴訟を大阪地裁に起こしており、依然として疑惑が残ったままだ。
 そこで、3日、森友・加計問題を追及する市民団体など5つのグループが文科省で記者会見を開き、両問題を選挙の争点として議論するよう訴えた。参加したのは、「森友学園問題を考える会」メンバーで豊中市議の木村真氏や「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏ら6人。「(疑惑について)選挙期間中に説明する」という首相の主張について記者から問われると、木村氏はこう切り捨てた。
「まったくばかげた言い訳だと思います。『国会なんかいらんやん』てなりますよね。選挙期間中のテレビ討論とか、遊説とか、遠回しな説明をせず、国会できちんと質問に答えればいい。3カ月もの間、野党の臨時国会召集請求を引っ張って冒頭解散しても、選挙で論戦するからいいんだなんて、本当になめきった考え方だと思います」

 加計獣医学部の設置認可の判断が今月末に迫っていることを受け、黒川氏と木村氏は会見後に、文科省宛てで「加計学園の大学設置審査に関する要望書」を提出。「建築費水増し疑惑」や「バイオハザードリスク」を精査した上で、政治的意図を受けない厳正な審査を求めた。さらに黒川氏は、今月中にも、加計孝太郎理事長を補助金詐取、安倍首相を詐欺幇助で告発する予定だ。
 国民が全く理解不能なこのタイミングで安倍が解散に踏み切ったのは、モリカケ疑惑の追及逃れが大きな理由のひとつだ。有権者は絶対に忘れちゃならない。

──────────────────────────────────────
選挙の争点は“森友・加計”…市民団体ら会見で批判 <http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000111416.html>

選挙の争点は“森友・加計”…市民団体ら会見で批判(2017/10/03 23:08)

                                        
                                       
             

 加計学園の獣医学部新設の問題や森友学園の国有地売却問題を追及している市民団体らが会見を開き、解散・総選挙を疑惑隠しだと批判しました。

 市民団体らは3日に会見を開き、衆議院の解散で希望の党が結成されたり、民進党が分裂するなどして、森友学園や加計学園を巡る問題への関心が薄れていると指摘しました。そのうえで、「モリカケ問題」こそが選挙の争点だと訴えました。また、文部科学省に対しては、加計学園の獣医学部新設を認めるかどうかを審査している大学設置審議会で、厳正な審議が徹底されるよう求める要望書を提出しました。
──────────────────────────────────────
(1)「森友学園問題を考える会」木村真氏、
「森友学園問題」を考える会(@moritoyo170208)さん | Twitter  https://twitter.com/moritoyo170208
「森友学園問題」を考える会 FB  https://www.facebook.com/groups/700114636825339/

(2)「今治加計獣医学部問題を考える会」黒川敦彦氏
黒川敦彦(@OzawaKatteren)さん | Twitter  https://twitter.com/ozawakatteren?lang=ja
加計学園問題を考える会 シリーズ第1回  https://www.facebook.com/events/751731955030337/
今治加計獣医学部問題を考える会のブログ  https://ameblo.jp/kakemondai/

(3)森友・告発プロジェクト 田中正道氏
Masamichi Tanaka  https://www.facebook.com/profile.php?id=100009967697650

(4)加計学園問題追及法律家ネットワーク 山梨学院大学教授・梓澤和幸氏
加計学園問題追及法律家ネットワーク記者会見 - YouTube  https://www.youtube.com/watch?v=0IgpQWUCm78

(5)https://www.alljapan25.com/
(6)関東学院大学名誉教授・足立昌勝氏、(6)同志社大学教授・浅野健一氏、

            

──────────────────────────────────────

(参考)20170923 UPLAN 今後どうする加計獣医学部 市民対話集会 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=DZJZhRc0-f0

2017年9月 8日 (金)

20170929 UPLAN 政治私物化・KKK(かけかくし解散)を許さない!安倍やめろ!

20170929 UPLAN 政治私物化・KKK(かけかくし解散)を許さない!安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!衆院総選挙院内緊急総決起集会
9.29衆院総選挙院内緊急総決起集会 集会報告 | オールジャパン:平和と共生 <https://www.alljapan25.com/2017/10/02/1882/>

党支援から意志表示する市民へ

森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会呼び掛け人の醍醐聰(だいご・さとし)・東大名誉教授は「森友問題が問いかけたこと」の題で話した。
冒頭、安倍首相が国会で籠池泰典(かごいけ・やすのり)理事長を「あの人は詐欺罪で逮捕された人」と発言したことに触れ、「園児に教育勅語を暗唱させていることを承知の上で、『日程が合えば(講演に)行きたい』と言った。この言葉は消えない」とくぎを刺した。
醍醐氏は事実確認として、8月に見つかった昨年5月の籠池氏と近畿財務局とのやり取りを記録した音声データを紹介。
池田靖国国有財産統括官(当時)が「(土地改良費工事で)国が払った有益費1億3000万円を下回ることはない」と説明したのに対し、籠池氏は「グーンと下げなあかんよ」と迫ると、「理事長がおっしゃるように作業中」と応じている。

事前の打ち合わせにより、事実上200万円で払い下げが決められたが、当時理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官は2月、国会で「国側が事前に価格を設定して、学園側と交渉するということはない」と答弁している。醍醐氏はこの点に触れ、「金額をめぐり、事前にやり取りをしているじゃないか」と両断した。

その上で醍醐氏は、近畿財務局の行為は国有財産法9条の5と財政法9条の定める背任罪に当たると指摘。今後の市民運動への提言として、「野党の背中を押す運動でなく、意志表示する市民」を挙げ、万人に分かりやすい言葉を使おうと提案した。
動画YOUTUBE 衆院総選挙院内緊急総決起集会
https://www.youtube.com/watch?v=V0zucR0VVPM

Photo
https://www.alljapan25.com/2017/10/02/1882/

2017年9月 7日 (木)

佐川国税庁長官の罷免求め署名続々 市民団体「森友問題幕引き許さない」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201709/CK2017090702000121.html
佐川国税庁長官の罷免求め署名続々 市民団体「森友問題幕引き許さない」
TOKYO WEB 2017年9月7日 朝刊

 森友学園を巡る問題に関し、国会で「当時の交渉記録は破棄した」などと答弁した佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官の辞任を求める声が市民団体に届き続けている。「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」(発起人・醍醐聡東大名誉教授)は八月一~二十日に集めた約一万人の署名とともに、佐川氏の罷免を求める申し入れ書を麻生太郎財務相に提出したが、その後も署名は続々と届き「追加分」は九百通を超えた。

 追加分を含め一万人を超えた署名のうち、メッセージも添えられている署名は二千超。その多くは「税務調査で『資料は破棄した』が通用するのか」(神奈川県の会社経営者)など、怒りの声が大半という。現役の税務署員も署名し「仕事がしにくい。早く辞めてくださるようお願いします」との意見を寄せた。
 醍醐氏は本紙のインタビューで署名とメッセージについて「税金は国の礎。納税者から声が上がり、政治に目を向ける人が増えることは民主主義にとって重要だ」と話した。
 大阪府内の国有地が当初の評価額より八億円以上安い価格で売却されていた経緯について、佐川氏は財務省理財局長を務めていた今年春、交渉記録の文書を破棄したとし国会での説明を事実上拒否。「政権を守るために追及を回避した」との批判もあったが、七月に国税庁長官に就任した。
 同会は「憲法は『すべて公務員は、全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない』と定めるが、国会での説明を実質的に拒んだ佐川氏は公務員にふさわしくない」とし、罷免を申し入れた。 (白山泉)

Pk2017090702100060_size0

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

無料ブログはココログ

(第二次)佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動

加計問題関連文書の徹底調査と安倍晋三氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名